教育振興運動50周年記念大会に参加して その1

PTA会長の番沢です。教振の記念大会に参加してきましたのでその時の様子を合計3回シリーズでこのブログに掲載させていただきます。宜しくお願いします。

平成27年1月16日(金)、盛岡市民文化ホール(マリオス)大ホールにおいて「教育振興運動50周年記念大会」が開催され、参加してきました。
洋野町からも町内の実践区の方々など含め20名近い方が参加しました。
タイトルは「つむぐ つなぐ 教育振興運動」~これまでの取り組みをつむぎ、5者の思いをつなげよう~ でした。

1_550

10時から行われた開会行事には達増岩手県知事をはじめ、千葉県議会議長、谷藤盛岡市長も参加。

2_550

10時25分からは盛岡市立厨川中学校による「厨中北梅太鼓」も行われました。
このときの発表を聞くまで知りませんでしたが、厨川中学校は東日本大震災の地震による被害で校舎が壊れ、3校分離で授業が行われてきたそうです。
また、披露した「太鼓」は陸前高田の氷上共鳴会の方々に指導いただいたとのことでした。

3_550

午前の部の最後となる記念講演は㈱IBC岩手放送 菊池幸見さんを講師に、「岩手と共に」というテーマで行われました。講演ではご自身が経験されたPTA活動に関することや学生時代のこと、現在も15年間放送で続いている「方言詩」のことなどとても楽しく聞くことができました。