3学期末試験

2月16日(月)と17日(火)は3学期末試験があるようです。
3学期が始まってあっという間な感じがしますが、もう試験があるんですね。

締めくくりの試験にしっかり臨んでほしいと思います。
保護者の皆様も温かく叱咤激励(?)しましょう!

三励会のご案内

2月4日(水)13:35~15:15、種中体育館で「三励会」が開催されます。ぜひ、ご参観ください!インフルエンザの流行により、急きょ中止となった「2学期末合唱交流会」で予定していた合唱もあります。

・1、2年合唱 「地球星歌」
・3年合唱   「天の川」「ふるさと」
・全校合唱   「キミの夢」

平日開催ですので参観するのは難しいかもしれませんが、ぜひご覧いただきたいと思います。

吹奏楽クリニック

1月24日と25日に久慈市アンバーホールにて吹奏楽クリニックがあり種市中学校吹奏楽部の生徒も参加しました。
とても素晴らしい方に教わったようですが、具体的にどんな方に教わったのか、残念ながら情報は得られませんでした。

2月下旬に発表会が開催されるようです。
クリニックの成果・日頃の練習の成果をいかんなく発揮してほしいと思います。

第7回地域づくりシンポジウム

1月25日(日)地域づくりシンポジウムが洋野町民文化会館で開催されました。種中生が参加しているわけではないですが(中にはいたかもしれませんが)、今年のテーマは「若者の力」でしたので取り上げてみました。

シンポジウムでは、基調講演と地域活動事例紹介、ブース交流が行われました。
オープニングでは平内さんさ愛好会による踊りが披露されました。

2015-1-27

基調講演はNPO法人体験村たのはたネットワークの楠田事務局長が行い、ご自身の経験も踏まえながら「まずは失敗してもやってみよう、やってみながら改善し良いものにしていこう」とお話をいただきました。

また、事例発表では大野の「上組振興団」で行われている山車作りと祭りに関わる様子が、いわて復興応援隊で洋野町で活動している宮本さんによる洋野エモーションの様子がそれぞれ説明されました。

会場入口エントランスホールでは、ブース交流が行われ、中野地区コミュニティ協議会をはじめ4団体の活動紹介やひっつみなどのお振舞がありました。

人口減少・少子高齢化が増している現在、若い人たちがアイディアを出したり、協力したりすることがとても大事です。無理なくできることから、いろいろできるといいですね。

ぜひ、町で行われるこのようなイベントにも中学生からも進んで参加してほしいなと思います。

沖縄県金武町交流団歓迎交流会

1月24日(土)午後5時30分から洋野町民文化会館において交流会が行われました。この交流会には種市中学校からも夏に金武町にお世話になった3名の生徒も参加しました。
金武町からは児童・生徒8名、引率4名、計12名がお越しになりました。2015-1-26-1

交流会では、角浜駒踊保存会による披露や金武区交流団からはエイサーの披露もありました。

金武町の皆さんは洋野町に2泊3日で滞在し、九戸村でのスキー体験のほかおおのキャンパスで木工体験・ひろのまきば天文台見学などを行います。

これからも長く両町の交流が続くことを期待します!2015-1-26-2

三励会の取り組みスタート

1・2年生では、2月に開催予定の「3年生を励ます会」に向けた取り組みがスタートしました。
合唱練習・ステージバック作り・発表の練習に真剣に取り組んでいるようです。

これまで、いろいろな行事に先頭に立って頑張ってきた感謝とこれから受験などの試練に立ちむかう3年生への激励を込めて一生懸命に取り組んで欲しいと思います。
どんな発表をするのかとても楽しみです!

教育振興運動50周年記念大会に参加して その3

その他、経過報告として教育振興運動50年の歩みの説明や事例発表にした方々などを交えたシンポジウム「未来へつなぐ教育振興運動」なども行われました。

教育振興運動は昭和40年に提唱され、子ども・家庭・学校・地域・行政の5者相互の責任と連携で進められ、初めは「子どもに勉強部屋を与えよう」「教育成果(水準)の向上」を目指し取り組まれてきたそうですが、その時々の実情も勘案しながら今日にいたるようです。

5者がうまく連携しながら、学力も向上しつつ、故郷や地域に誇りをもち、ここ洋野町を自慢できるような生徒が育っていけばいいなと感じました。
今回もこのような大会に参加でき多くのことを学ぶことができました。
機会がありましたら是非PTAの皆様にも参加いただきたいと思います。

教育振興運動50周年記念大会に参加して その2

昼食をはさみ、午後もみっちり16時まで記念大会は続きました。
はじめに行われたのは「事例発表」。3つの団体から発表が行われました。

4_550

1つめの平泉町の長島小学校区教育振興協議会からは学校・家庭・地域の連携による取組として行っている「PTA親子ふれあいコンサート」について。
実際に3曲の演奏もありました!

5_550

2つめは大船渡市立吉浜中学校から「復興教育」「震災からの復興」「いわて型コミュニティ・スクール」の取組について、「1000年後まで伝えよう!東日本大震災 吉浜のこと」が発表されました。

3つめは「世代を超えて語り継ぐもの~九戸村地域子ども読書会~」について九戸村にある伊保内高校の生徒からそれぞれ発表がありました。

長島小学校の取組は、教振と同じく50年に渡る継続性のある取り組みであり、音楽(演奏)を通じて学校・家庭・地域、そして世代間の連携・交流があるところが素晴らしいなと感じました。
吉浜中学校の取組は、「奇跡の集落」と呼ばれている吉浜のことを地域の方も生徒も後世に伝えたいということで、生徒達自らが地域の方に体験談の聞き取りを行い、脚本をつくり演劇を行っているとのことです。

またその他にも本町林郷地区で行われている「なもみ」に似た「スネカ」という伝統行事に全校生徒が参加していることもすごい取り組みだと思いました。
伊保内高校の取組も、読み聞かせを地域の子供たちに行うもので、地域の方々とも連携しながら、総合学習の時間を活用し読み聞かせの練習をして、とても前向きに取り組んでいることが印象的でした。

教育振興運動50周年記念大会に参加して その1

PTA会長の番沢です。教振の記念大会に参加してきましたのでその時の様子を合計3回シリーズでこのブログに掲載させていただきます。宜しくお願いします。

平成27年1月16日(金)、盛岡市民文化ホール(マリオス)大ホールにおいて「教育振興運動50周年記念大会」が開催され、参加してきました。
洋野町からも町内の実践区の方々など含め20名近い方が参加しました。
タイトルは「つむぐ つなぐ 教育振興運動」~これまでの取り組みをつむぎ、5者の思いをつなげよう~ でした。

1_550

10時から行われた開会行事には達増岩手県知事をはじめ、千葉県議会議長、谷藤盛岡市長も参加。

2_550

10時25分からは盛岡市立厨川中学校による「厨中北梅太鼓」も行われました。
このときの発表を聞くまで知りませんでしたが、厨川中学校は東日本大震災の地震による被害で校舎が壊れ、3校分離で授業が行われてきたそうです。
また、披露した「太鼓」は陸前高田の氷上共鳴会の方々に指導いただいたとのことでした。

3_550

午前の部の最後となる記念講演は㈱IBC岩手放送 菊池幸見さんを講師に、「岩手と共に」というテーマで行われました。講演ではご自身が経験されたPTA活動に関することや学生時代のこと、現在も15年間放送で続いている「方言詩」のことなどとても楽しく聞くことができました。

第9回洋野町教育振興大会

少し先の話ですが、下記により町の教育振興大会が開催されます。

日時・・平成27年2月7日(土)13:00~16:00
会場・・洋野町民文化会館(セシリアホール)
内容・・開会行事(表彰:本校生徒も表彰されます)、事例発表
記念講演・・講師 本田泰人氏(元Jリーガー・元サッカー日本代表)

研修部員を通じて参加者のとりまとめを行っておりますが、貴重な研修機会ですので多くの皆さまから積極的な参加をお願いいたします!